正しいかどうかを意識しすぎていませんか?

Yukakoです☺
これ、私が過去にやってた失敗です😂

正しいか、そうでないかを意識しすぎて英語を言葉にすらできなくなってた!!という時期がありました。

日本の学校の英語教育を受けてると、どうしてもこんな考えになる人たくさんいるんじゃないかなと思うんです。私だけじゃないはず。

だって、英語のテスト、意味が伝わる文章、むしろ間違ってない文章でも意図した答えじゃないとバツ❌つけられるから。

教育だけが理由というわけではないですが。

でもコミュニケーションとしての英語は、”正しさ”って全然重要じゃないなぁと、特に日本から外に出て、会った人と話すと見えてきます。

よく「この言葉使うと、きついニュアンスになるからやめた方が良い。言うんならこっち。」ってコラムみたいなのであるじゃないですか?

ああゆうのも、知識だけを溜めすぎると私みたいに何も話せなくなるから、わかる言葉をまずは繋げていく、で良いと思います。

何度でも言ってみて、そしたら伝わります。

伝わらなかったら相手がわかろうとしてないのかもしれないです。

決してそこで自信喪失しないでください。

英語を話す人の中でネイティブはたったの25%、残りの75%の人は第2、第3言語として英語を使ってます。

だから、日本語よりも、もっともっとみんな違うんです。”正しさ”よりは、”みんな違う”ということを受け入れて、お互いをわかろうと努力してみると、もっと英語を話すのが楽しくなるんじゃないかなぁと思います😊

「この人英語ペラペラやーん」って思う人いますよね?

そんな人ほど実は間違いを気にしてないし、自分の言いたいことをどんな形ででも伝えることを優先しています😁

これができればあなたも英語ペラペラまで一歩前進‼️です👍✨

是非英語を話してみる機会があったら意識してみて下さいね!

そしてちょっと前より上手く行ったら私に教えてください❤

英語でコミュニケーションをとってみた上で、こんな言い方わかりたいー!はめっちゃ為になるので是非聞いてください!!

今回これはお母さんの中にも英語もっと話せるようになりたい!っていう方がいるんじゃないかと思って書いてみました。こんな人一倍シャイな私でも話せるようになりました。なのでみんな英語話せます!他にも疑問や知りたいことあったら教えて下さいね!

Yukako

今朝思ったこと、書いてみました。

こんにちは!ゆかこです😊
 
2歳2ヶ月になる次女が今朝、彼女の届かないところにあるうちわを指差して「あれ、あれ、さむい」と、とって欲しいアピールをしてきました。
 
“うちわ”という言葉を知らない次女は「さむい」という言葉で、うちわのことを表現したんですね✨
 
 
こんな風に、正しいかどうかにとらわれずに、ただ伝えたいことを今あるボキャブラリーで伝えるって、英語でのコミュニケーションでも、とっても大切なことだと思っています。
 
 
例えば、リンゴという言葉がわからないとします。
 
そのときリンゴのことを「赤くて丸い果物」と言うと伝わりますよね?
 
もちろんボキャブラリーが増えることは悪いことではないですが、「この数の単語が覚えられてから、文法がわかってから、話してみる」のではなく、まずは話してみて、”通じること”を実感してほしいです。
 
 

 

英語はコミュニケーションのためのただのツールです。
 
例えば、料理を全く初めてしようと思ったとき、圧力鍋、ブレンダー、使いますか?
 
使わないですよね?
最初はフライパン、包丁、まな板ぐらいで始めませんか?
 
そして上手になってきたら、色々なツールを揃えていくと思います。
 
それは、英語でも同じです。
初めからたくさんのボキャブラリーを使おうとしても全てを使いこなせるわけないんです。
 
 
あくまで英語はツールであって目的はコミュニケーションです。
 
包丁を使うのが上手になりたければ、それをただひたすら使うことです。
 
 
英語も全く同じ方法でもっと上手に話せるようになりますよ💓
 
”今あるものを使いこなすこと”に、まずはチャレンジしませんか?
 
 
 

生徒の皆さんに使って頂ける、Pia’s Libraryの絵本がまたちょくちょく増えて、ついに60冊になりましたよ💓

是非、皆さん活用して下さいね!

登録がまだの方はお声かけ下さい🌠

≪0歳から読める≫ 今日のオススメ英語絵本

こんばんは、連休は楽しく過ごされましたか?

今日は英語のオススメ絵本のご紹介です。

この絵本、家にもあるのですが、4年以上前にお友達から娘の出産祝いに頂きました。

角が破れてボロボロになってきていますが、いまだに姉妹ともに気に入っているようで、読んでと頼まれます。

 

こちらです。

角がボロボロの、使い込んだ絵本

“B is for Bear”

タイトルと同じ形で、アルファベット順にことばにあった写真や絵が1ページずつ載っています。

 

例えば”S”、”S is for strawberry”、

いちごがページいっぱいにどんっと載っていて、種の部分が触ってみるとぶつぶつになっています。見るだけでなく触っても楽しめるようなしかけが施されていてこどもたちは絵本に釘付けで聞いてくれます。

”S is for strawberry”このぶつぶつ感、写真で伝わりますか?

 

ちなみに我が子たちのお気に入りのページはここ!

”Y is for you” このページで毎回5分費やせます。

そうです、鏡になっています♪

笑えたのがAmazonの海外の方のレビューでもお子さんががこのページが好きだと書いてありました。きっとあなたのお子さんもこのページです。笑

 

是非おうちでもお子さんと一緒に読んでみて下さいね♪

rhymeにもなってて、読みやすいですよ!

http://amzn.to/2mjNW0r

 

参考になれば嬉しいです★

Yukakoでした。

Pia’s Little Library オープン!

以前から準備をしていた教室内での図書スペースをついにオープンしました!!

ピアのイメージカラー、空の色、青色の本棚です。

生徒さん、保護者の方であればどなたでも無料でご利用頂けます♪

英語を話すために大切なのが、とにかくたくさん英語に触れること。

毎週のレッスンは実際にコミュニケーションをはかる場でとても有効ではありますが、そこに何かプラスすることで何倍も英語に親しくなれます。

プラスするのは”お勉強”でなく、遊びながら学べること。そこでとっても効果的なのが、(教室でもよく提案させて頂いていますが)ご自宅で英語のアクティビティを5分、10分でも続けること。ビデオ、絵本、歌、AGOゲーム、年齢にもよりますが、お子様の好きなものなんでも良いです。

最初から毎日が無理なら、レッスン日以外に週1回からでも英語に触れる機会をつくることが将来のお子様の英語力に差をつけます!

また、お子様にとって、一番大好きで、一番の先生、お手本は、なんといってもお父さん、お母さんです。ですので、お子様は保護者の方の行動をきっちり見ています。たとえはじめはお子様が興味を示さなくても保護者の方が心から興味をもって英語に触れるのを見ることで彼ら自身の興味を引き出します。是非ここの本をたくさん読んで、親子の時間を楽しんでください♪お気に入りの本も見つけて下さいね。

そして、ご自宅でお子様が絵本をよく聞いていたり、読めたりしたときは是非私たちに伝えて下さいね!また、オススメの絵本などがあれば教えて下さい♪

ご利用方法等、詳しくはお配りするプリントをご覧下さい。

Easy ESL Songs for kids – Do You Like Juice?

https://youtu.be/kjf5dSsJRQM

自分のこどもの英語の上達を手伝いたいですか? “Do you like Juice?”はとても面白いですよ😃 Youtubeで一緒に見て、一緒に歌っては自分の子どもに凄い良い影響があります! お母さん、お父さん頑張って下さい🎤

リンクはここです👉Easy ESL Songs for kids – Do You Like Juice?

英語の豆知識 フォニックスって何?

Pia’s English Tips

英会話ワンポイントアドバイスのコーナーです。皆さんおうちで英会話取り組んでいますか?どんなことやったらいいのかなぁ、英語苦手だし教えられない~なんてお悩みの保護者様へ、是非ともご協力頂きたい、簡単なステップなどを少しずつご紹介します。今日のワンポイントはピアのレッスンで大事にしている基本の、”Phonics”です。
今回はアドバイスというよりも、少し英語の知識として保護者の方にも是非知っておいて頂きたいテーマです。

What is Phonics?

Phonics って何だろうと思う人が多いのも事実です。実際体験レッスンに来られた保護者の方にPhonicsって何ですか?と聞かれることがしばしばあります。
Phonics (フォニックス ) とは、英語圏で子供達に英語の読み方を教えるのに広く使われている教育方法です。日本の子どもがひらがなを習って絵本を読むのと同様にアメリカの子どもはPhonicsを習って英語を勉強します。

Pia ではまず毎回の授業の最初にこの練習をしています。
A=ae B=bのように皆さんが記憶にあるような発音記号の練習と思われますが、子どもに教えるにはアルファベットと発音を簡単に結び付けられるPhonicsの方が取り入れやすいのです。
以前の日本では英語の発音=Phonicsではなく発音記号で覚えるという方法が主流でした。
発音記号をもって英語を発音しようとするとまず発音記号を覚えないといけないのですが、Phonicsならアルファベットと音が直結しているので簡単にできます。(例外となる時のルールは覚えないといけませんが)
例:bed = b + e + d となります
(文字上では発音記号になりますが)

 

Phonicsを習っていればRとLもそれほど困難なく聞き分けられるようになりますよ。

英語圏の国ではこどもがPhonicsを習っていますが、もちろんノンネイティブの大人の方が今から習ってもとっても価値のあるものです。聞き取り、スピーキング、読み、書きの全てにおいて大切な基本となります。

スポーツにしてもお勉強にしても、何でも基本は大切です。でも、その道のプロでない人が表面上を見ただけで気付きにくいものも基本です。保護者の皆さんがお子様の習っているものを認めてあげることによってお子さんはより一層頑張れるものです。是非1度、あなたのお子さんからPhonics、習ってみて下さい♪

 

20150714_180736

レッスンの中でアルファベットのビーズを使って神経衰弱をしているところです。

めくるたびに“A””a”とPhonicsの練習をしています♪

20150717_173424

レッスンの初めは必ずPhonicsの練習をしています。

”英会話”のために日本語でできること

【”英会話”のために日本語でできること】

 

よく保護者の方が、英会話について

見落としがちな点があります。

 

”英会話力 = 英語力 + コミュニケーション力”

 

英会話とは、”英語を話せる”だけでは成り立ちません。

相手の話を聞き、”自分の考えを述べる”ことができて、

初めて成立します。

 

日頃からお子さん自身が自分の意見を持ち、発言できるよう、

日本語での親子の会話を心がけてみて下さい。

 

では具体的に例えばどんな会話を心がければいいのでしょう?

まずは身近なお話から。

その日あったことなどを聞いてみましょう。

 

★お母さん、お父さんが聞き手にまわる。

 

★Yes, Noの返事で終わる質問ではなく、

こどもが文章で答えられる質問をする。

英語で習った5W1H、覚えていますか?

いつ(When)
どこで(Where)
だれが(Who)
なにを(What)
なぜ(Why)
どのように(How)

このような質問を投げかけてあげましょう。

 

★お子さんが直ぐに答えられなくてもじっくりと待ってあげること。

素早く「あれ?これ?」と、はい・いいえで回答できる質問に変えると、

やがてこどもは自分が話さなくても首を縦横に振るだけで

意思が伝わる環境に慣れてしまいます。

 

実際に英語の力がついたとき、

その積み重ねがコミュニケーション力となり、

結果的に英会話力にぐんと差が出ますよ。

 

Thank you for reading!

お忙しい中、最後までお読み頂き有難うございます。

このお話があなたのお役にたてれば嬉しいです!